つぶより野菜 栄養

 

 

つぶより野菜は凝縮ニンジンをベースに作られた100%野菜ジュース。

 

その栄養価について調べてみました。

 

つぶより野菜の栄養は?原材料から得られる効果をチェック

 

凝縮にんじん

 

人参といえばカロテンです。カロテンは抗発ガン作用や免疫力を活発にさせる働きがあります。体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持を助けてくれます。

 

トマト

 

トマトといえばリコピンですね。リコピンは抗酸化作用が強く働き、生活習慣病に関する効果、シミやしわを防ぐ効果などが期待できます。リコピンのほかにもビタミン・ミネラルがバランスよく含まれています。

 

セロリ

 

ニンジンと同じくβカロテンが豊富で、独特の香りに含まれる成分にはリラックス効果が期待できます。カリウムが多いことも知られているので、むくみの解消や塩分過多を解消してくれます。

 

メキャベツ(プチヴェール)

 

メキャベツは一般的なキャベツと比べて、栄養価が高いです。βカロテンをはじめ、キャベツの代表的なビタミン「ビタミンU(キャベジン)」は胃や十二指腸に対する疾患の予防や治療に非常に高い効果があります。

 

レタス

 

βカロテンをはじめ、ビタミンC・ビタミンE・カリウムなどを含みます。

 

ホウレンソウ(凝縮還元)

 

鉄分が多く含まれていることで有名なホウレンソウ。βカロテンをはじめ、葉酸、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK
カルシウム、カリウムなど、多くの栄養素が取れる野菜。
調理だと「あく抜き」をしなくてはいけなかったりするので、野菜ジュースで手軽に摂れるのは理想的です。

 

レモン(凝縮還元)

 

レモンといえばビタミンCを思い浮かべますが、他にもレモンに含まれるクエン酸はレモンの酸っぱさを引き出す成分で、疲労の回復効果が期待できます。
野菜ジュースにおいては、保存性を高めるために添加されたりします。

 

 

 

レモン以外はすべて国産。
砂糖・塩分不使用、保存料・香料・着色料も不使用です。

 

 

 

 

 

野菜ジュースからとる野菜は栄養的に意味がない?

 

野菜ジュースを飲めば野菜不足はクリア!って思っている人へ3つほど注意点があります。

 

 

  1. つぶより野菜でビタミンCはほとんど補えない
  2. 噛む力をつける必要がある子供には、おやつ程度にしたほうが良い
  3. つぶより野菜だけで野菜不足を補ったつもりにはなってはいけない

 

つぶより野菜でビタミンCはほとんど補えない

 

「野菜そのものじゃない野菜ジュースなんて、栄養素は補えない!」

 

なんていわれることもある野菜ジュース。

 

その理由は2つ。

 

  • 食物繊維が取り除かれる
  • 加熱殺菌により熱に弱いビタミンCが壊れてしまう

 

という理屈から、野菜ジュースでは意味がないといわれているんですね。

 

これに関しては、確かに野菜の種類や野菜ジュースの製造方法によっても差があるので、何とも言えないところなんですが。。

 

つぶより野菜に関しては熱に弱いビタミンCについては書かれていません。
他の野菜ジュースに至っては、あとからビタミンCを添加物として含ませているものもあります。

 

 

ですから、ピンポイントでビタミンCを補いたい!って思う人にとっては、つぶより野菜は向いていないかもしれません。
確かにビタミンCを野菜から補うのは難しい課題です。自分で作った搾りたての生の野菜ジュースにはかなわないところですよね。

 

 

ですが、私はつぶより野菜などの野菜ジュースでも野菜不足は補える!と断言します。

 

少なくとも、意味がないなんてことはないんですね。

 

野菜ジュースのほうが吸収率が高いものもある

 

野菜ジュースは、言ってしまえばかみ砕いて吸収しやすくした状態のものです。
野菜そのものより、野菜ジュースのほうが栄養素が吸収しやすいって場合もあります。

 

つぶより野菜 

 

↑これはつぶより野菜のホームページから引用したものですが、特にトマトとニンジンは、野菜ジュースなど加工したほうが取したほうが吸収率が上がるようです。

 

むしろ、自分で調理した野菜や、生のまま食べた野菜だと、ビタミンが壊れてしまったり、栄養が十分に吸収されないまま体を素通りしてしまうこともありますからね。

 

 

つぶより野菜なら野菜の食物繊維もきちんと補える

 

食物繊維は取りすぎると栄養素の吸収を阻害してしまいますが、適切な量を摂取すれば、大腸のお掃除の役目を果たしてくれます。つまりは便秘解消に効果が期待できるというわけです。

 

しかし、これまた厚生労働省の調査によると、食物繊維も推奨される量に届いていないのが現状です。

 

普段野菜ジュースを飲んでいるならお分かりいただけると思いますが、種類によっては水のようにサラサラですよね。
つまり、そんな野菜ジュースでは食物繊維は取れていないことになります。

 

ですが、つぶより野菜などの、どろっと凝縮された野菜ジュースにはちゃんと食物繊維が含まれているので、補えないなんてことは無いんですよね。

 

↑つぶより野菜にもちゃんと含まれていますね。

 

管理栄養士ではない限り、野菜それぞれ最も吸収率が高まる食べ方なんて普段から意識しませんし、分らないですよね。

 

そういった意味でも、野菜ジュースで野菜不足を補うのは正解だと思います。

 

噛む力をつける必要がある子供には、おやつ程度にしたほうが良い

 

野菜ジュースで野菜を取ったつもりにしてはいけないのは子供です。
あごの発達が未熟な子供にとって、野菜ジュースで素早く吸収できるのは一見いいことのように思いますが、それに慣れすぎてほかの野菜を食べないっていうのは良くないですよね。

 

ですが、おやつに砂糖だらけのあまーい飲料水を飲むよりも断然つぶより野菜を飲んだほうが体には良いですから、お子様に野菜好きになってもらうためにもうまく利用したいですね。

 

つぶより野菜だけで野菜不足を補ったつもりにはなってはいけない

 

一番良いのはどちらか一方に偏らないこと。

 

これにつきます。

 

野菜ジュースだけで野菜不足を解消した気になっていると、やはりビタミンCや食物繊維は不足しがちになりますし、かといって野菜だけにこだわっていると、本来食べるべき量の350gに達することはとても難しいんです。

 

ですから、両方のいいとこどりをして、状況に合わせてバランスよく食べるのが理想ですよね。

 

  • 噛む力が弱いお年寄りは野菜ジュースに頼ってみる
  • 子供は噛む力をつけるために、野菜ジュースはおやつ程度にとどめておく
  • 忙しい現代人は、最低限の野菜の栄養を取るために毎朝飲むようにする

 

といったように、状況に合わせて飲むのが良いですね。

 

 

 

 

 

page top